長崎県のシロアリ駆除・害虫駆除なら浦川商店へ。

浦川商店 納得の「価格」「施行」で40年
お問い合わせはこちら。相談見積無料 095-883-4438
浦川ブログ
ホテルのイエシロアリ

写真はホテル3階のイエシロアリの巣です。
エアコン裏の壁と天井の境目に出来た巣(20Lくらい)です。
他の壁等にも被害あり、他の部屋にも被害が及んでいました。
この部屋は使用不能。「ビルの3階にシロアリが」など信じられないと思いますが、よく見かけられます。
リフォーム会社の依頼で某ビル3階のタタミ被害で伺ったとき、
住人から「戸建は5年毎に予防工事をするが、ビルはどうすれば良いか?」の問い合わせがありました。
4~5年くらいに一回、有料点検をされることを提案いたしました。

 

F1hotel305号 001-thumb-280x210-67-thumb-280x210-70

2011年04月02日
公民館のシロアリ被害

駆除工事後、
5年目経過で前回の某大手業者が再施工見積もりの物件です。
見積もり額が高額で、自治会役員を通じて当社へ相見積もりの
依頼がありました。
調査した結果、天井内の桁(大きい角材)に多大な被害が各所にありました。
大量のシロアリが生息しています。
5年前の工事では床下のみの工事で天井内は調査してなかったようです。途中、点検もなく5年経過。被害が広がったようです。
上の写真は屋根を支える陸梁を支えきれず、
軒桁(下の角材)が4センチ程下がっています。
ボルトの頭が浮いています。
初回調査時や途中点検していれば屋根が下がるほどなかったはずです。工事依頼が当社にあり、施工2ヶ月後の点検では、天井内各所すべて壊滅していました。今後、毎年点検実施です。被害部の補修は今後の課題です。いかに調査が大事であること。工事後の点検を怠ってはならないこと。大手だからと言えない場合もあります。

 

CIMG140946
CIMG141353

2011年04月01日
根太の腐朽

2月末に洋間窓枠にシロアリ被害があり、お付き合いある
建築業者より連絡あった物件です。
現在、シロアリ生息はありませんだした。写真はトイレの床下です。
周りが基礎に塞がれて、一部10センチくらい中基礎が縦に切ってあって、
わずかに通気があるていどです。
ご覧のように褐色腐朽でたいこ根太が被害にあっています。
奥の方が外壁側です。床板も腐朽がすすんでいます。
中基礎を20センチくらいハツッテ広げました。床下全体、湿気があって、
電気屋さんが換気扇を2台(排気型)取り付けています。
その時他の換気口を塞いでしまったようです。
施主様宅(28坪くらい)の床下状況では従来型換気扇2台では無理です。
タイマーオフの時は床下は全体、ほとんど塞がった状態です。
対策を提案しました。後は施主様の判断です。
今回は防腐・防蟻の依頼で薬剤処理いたしました。

 

CIMG1474-thumb-250x187-25

2011年03月01日
コンセントのシロアリ被害

コンクリート建て2階和室の壁コンセントの被害があり、停電となりました。
写真は電気屋さんが見つけたコンセントの内部です。
コンセント周りの壁巣です。コンセントに少し熱があったのでしょうか。
コンセント周りに集中しています。コードも切れています。
この和室の根太、大引き、壁、窓枠まで被害が及んでいました。
廊下を隔てた和室もタタミ下(壁側)に小被害でした。
コンクリート建てのシロアリ被害の怖さです。
家が壊れることはありませんが補修費も大変です。

 

CIMG1408-thumb-250x333-18-thumb-200x266-20

2011年02月02日
ビルのシロアリ被害

テナントビル3Fの居室板張りの被害です。 築30年以上のビル。
床板が痛んでクッションフロアを 張ってあった部屋です。
板の上に張ったので床板がボ ロボロです。
(大工さんが床板を剥いでいる写真)
「コンクリート建てにはシロアリは関係ない」はウソです。
木造の家でも板張りの劣化やリフォームの折、
板張りの上にフローリングやビニールクッションフロアを張る場合が多く、
その隙間にシロアリが侵入(板と板の間をシロアリは好む)被害が広がる。
板張りの張替えは板を剥いで、新しいフローリング張ることです。

 

CIMG1473-thumb-500x375-9-thumb-250x187-12

2011年02月01日
木栓

地元、長与町の床下調査でした。6年くらい前に駆除工事されて、
同施工業者から床下換気扇を奨められて、当社に調査以頼がありました。
写真はトイレの窓敷居の穿孔跡の木栓です。どうでしょう?
木栓も白色で処理できなかったのでしょうか。
又、この敷居には問題ないようでした。
穴をあける必要あったのでしょうか?調査結果はシロアリの生息は確認されませんでした。
大引き・根太等に初期腐朽が各所にみうけられました。
業者はこの腐朽対策に床下換気扇を奨めたのでしょう。
施工するとしても、木部の薬剤処理(防腐・防カビ・防蟻の複合製剤)で
対応できるようです。床下換気扇を設置するほどの湿気はないようです。
業者によっては、床下調湿剤(費用が高い)まで奨めます。
このような時に接したら、2~3社に相談することです。「すぐ決めない」。
「納得いく説明」。「熟慮する」。

 

mokusen

2010年10月02日
シロアリの蟻道

シロアリは目的とする場所へトンネル状の道を作ってコロニーの維持拡大の活動をしています。
近隣や庭の立木等より地下を通じて建物に蟻道を延ばし侵入してきます。(イエシロアリの蟻道は100メートルにも及ぶことがある)
写真はその蟻道が基礎を伝って土台に上がり、壁内やタタミ、
天井内へと被害を及ぼします。
左の写真では、土台・根太等までの被害でした。
次の写真は特大の蟻道で、この家では天井内の梁(松材丸太)、
大梁(丸太梁を支える平物)、軒桁、妻桁等の甚大な被害でした。
大きな地震がないことを願っ ています。
マイホームがいつこのようになるかは分かりません。
シロアリ対策で一番危険なことは、何もしないことです。
たまには自分で床下を覗き写真のような蟻道がないか作業着と
懐中電灯で調べて見るくらいのことをしてみましょう。
不審な点があった時は、業者を呼びましょう。

 

img_02

img_01

2010年10月01日
シロアリ・その他害虫駆除に関するお困り事がありましたらお気軽にご相談ください。
浦川ブログ
有料調査 大切な家の劣化防止。家の健康診断を
白蟻駆除ポータルサイト シロアリパーク
浦川商店
〒851-2127
長崎県西彼杵郡長与町
高田郷1196-153
TEL:095-883-4438
FAX:095-865-7106
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土日・祝日(限りでない)