長崎県のシロアリ駆除・害虫駆除なら浦川商店へ。

浦川商店 納得の「価格」「施行」で40年
お問い合わせはこちら。相談見積無料 095-883-4438
浦川ブログ
小屋組み被害

建物外部、戸袋周辺壁シロアリ被害。

大工さんが補修工事。小屋組みが少し下がっているとのことで、小屋組み調査。

屋根が下がるほど軒桁に被害。他も小屋組み小梁は中まで空洞(写真上)。

 

他の梁も各所被害甚大(写真中)。

 

(写真下)は、台所上の天井内、桁・梁・小屋束に分巣で、ここはシロアリ生息なし。

風呂場の柱、鴨居(入口上の角材)等も表面まで蟻土。以前、他の大工さんが何度も駆除したとのこと。

小屋組みにも、まだ生息シロアリ各所に。

来春、再確認予定です。

 

DSCN1988

DSCN1992

DSCN1996

2018年11月22日
ビル3階の被害

キッチン流し台前のフローリングを開口しました。

大きな分巣(土の塊り)です。白いのはイエシロアリです。(写真上)

 

巣が右側の方へ続けているので、もう少し開口。

撤去した巣は約60ℓほど。(写真中)

 

結果、2mくらいフローリングを開口し処理。(写真下)

 

隣り住人と、その下の住人から羽アリの苦情ありました。隣りの被害は大したことなし。隣の階下は柱(一部)、根太、敷居の被害(写真4枚目)

 

DSCN1508

DSCN1513

DSCN1518

 

写真4

DSCN1552

 

2018年08月14日
ビル3階シロアリ群飛口

小さなビル3Fの風呂脱衣所のイエシロアリ群飛口です。

DSCN1455

 

同じ部屋のキッチン流し台前の群飛口です。

空き室なので、部屋中羽だらけ。

DSCN1456

2018年08月14日
書庫被害

薬局の書庫・薬品庫、2帖のタタミ間は段ボールと段ボール中の本被害です。(写真上、中)

隣りの2帖板張りの方は薬品保管ケースと段ボールに保管されています。段ボール保管の被害(写真下)。右側の白い壁内は分巣。

いずれも、大量のイエシロアリでした。

天井小屋組みまで一部被害が及んでいました。

物置や押入れの動かさない段ボール類は要注意です。

DSCN1421

DSCN1423

DSCN1498

2018年08月08日
イエシロアリの兵義とニンフ

タタミに被害があるので見てほしいとのことで訪問。

タタミ被害(写真上)。

ここの壁側の土台下の蟻道(写真中)。一部を壊すと兵義とニンフ(羽アリになる)が徘徊(写真下)。

タタミ被害と周辺の小被害で収まりました。

DSCN1381

DSCN1383

DSCN1385

2018年03月31日
ホームページリニューアルしました。

浦川商店のホームページをリニューアルしました。

2018年03月15日
ベランダ柱

隣りの家のリフォーム工事中、大工さんから「お宅のベランダにシロアリ被害があるようだ」と指摘され、家主さんから家の中まで被害が及んでいるにではと連絡あり。

ベランダの三本の柱は地面に接地。柱の周りをモルタル仕上げとなっております。

モルタルをカットした写真(上)で分かるように、柱がボロボロとなっております。ベランダの荷重をモルタルで支えています。

柱から食害し、ベランダの桁へと(写真下)、建物の胴差(桁)まで侵入。建物内部までは及んでいません。

 

ベランダ被害は雨漏れがほとんどですが、柱を伝って侵入することも多々あります。

ベランダの木柱は要注意です。

 

DSCN1721

DSCN1723

 

2018年02月05日
店舗天井内被害

繫華街の店舗(スナック)に羽アリ大群飛の問い合わせ。

界隈はシロアリ群飛地帯で、近隣の建物外部に被害が散見されます。

店舗の天井内各所の部材が被害。階段の裏側に分巣があります。(写真上)

被害箇所を放棄した箇所が多く、生息箇所を重点に処理。

天井内にあがった箇所は構造的に確認できず、壁内に穿孔処理しました。(写真下)

 

天井内の補強・改修工事には至らないようです。

 

DSCN1445

DSCN1451

DSCN1449

2018年01月31日
風呂場壁巣

大工さんから駆除依頼。 施主様もシロアリがいることは自覚していたらしく、たまたま風呂場入口のケースを動かしたところ、床フローリング に被害あり、工事依頼となりました。

(写真上)壁は下の方にガムテープ。壁の変色、壁のふくらみから、ここに壁巣があることが確認されます。

(写真中)壁ボードを剥いだところ。全面、巣です。天井に点検口新設、調べたところ、梁(平物)に蟻道はありますが、大きな被害には及ばず。

床下には各所に蟻道があります。

(写真下)壁巣の中、拡大して見てください。解体音で、職蟻は逃げて、兵蟻のみ警戒したおります。

風呂場周辺を重点処理いたしました。補修工事は点検口新設と被害箇所の壁のみで納まりました。

(写真4枚目)壁内の巣を撤去したところ。

 

シロアリがいそうと思われたら、調査を。又、5年毎の調査をお奨めいたします。

DSCN1350

DSCN1361

DSCN1368

DSCN1370

2017年10月02日
二重張りフローリング被害

アパート二階廊下。

フローリングに蟻土あり。

ターマトラック(シロアリ探知機)で調べると、ご覧のように反応があります。(写真上)

大工さんに剥いでもらうと、フローリングの下は無垢材の板です。板を重ねると、その隙間にシロアリが侵入します。(写真中)

板の上に板を張ることが、費用の面と強度が増すことで、よく施工されます。この廊下は、かなり以前のヒノキ一枚ものなので、被害なく、上に張ったフローリング(合板)を食害。二重張りは要注意です。

(写真下)は、廊下そばの部屋の床面。ブカブカするので、マットを剥ぐと床板がグサグサです。

 

ひどくなる前に、早めの点検・調査をお奨めいたします。

他人事ではありません。

DSCN1125

DSCN1129

DSCN1130

2016年10月25日
シロアリ・その他害虫駆除に関するお困り事がありましたらお気軽にご相談ください。
浦川ブログ
有料調査 大切な家の劣化防止。家の健康診断を
白蟻駆除ポータルサイト シロアリパーク
浦川商店
〒851-2127
長崎県西彼杵郡長与町
高田郷1196-153
TEL:095-883-4438
FAX:095-865-7106
営業時間:9:00〜18:00
定休日:土日・祝日(限りでない)